子どもと接する仕事です

小さい子どもと接するのが大好きな人におすすめなのが保育士です。保育士は専門学校や大学、短大、高校卒業、中学卒業でもカリキュラムを修了していることが証明できれば資格試験を受験する資格を取得することができます。ダブルスクールにして夜間の短大や専門学校に通いながら資格取得をすることも可能です。子ども学科という専門コースだけでなく介護福祉学科に併設している場合もありますので介護の資格や幼稚園教諭の資格を同時に取得できるようになっている場合もあります。

保育園だけじゃない、活躍できる職場

保育士というと保育園の先生というイメージが強いのですが、実際には活躍できる職場は他にもあります。ベビーシッターとして採用されたり、介護施設や児童施設などで子どもの生活面や精神面でのケアを要求される場合もあります。そのため資格取得のためのカリキュラムには心理学や栄養学、音楽や絵画の実技なども含まれており、いろいろな技術を要求されることになります。社会福祉や児童福祉のための勉強もしなくてはなりません。

ピアノや絵、読み聞かせは実習で

資格試験対策としては通信講座や受験本で独学で勉強することでも資格取得できる道が開かれています。カリキュラムの内容から見ても暗記科目が多く、実技を実習できることから考えれば専門学校や専門コースで勉強した方が効率的ですが、時間のない人や育児中の方などにとっては時間を選ぶことなく勉強できる方法として利用できます。しかし絵や読み聞かせ、音楽、特にピアノや歌というものに関しては試験の傾向と対策も兼ねてきちんと習うことが大切になります。

保育士の働く場としては保育園と施設があります。施設保育士の求人に応募しようとする人は勤務体系をよく確認する必要があります。というのは施設は24時間体制で勤務が組まれているため、各施設によって住み込み制や断続勤務制をとるなど様々です。そのため求人者が自らのライフスタイルにあったところを選ぶ必要があるからです。